少女時代スヨンの言葉で涙を流したジェジュン、ファンへの愛に韓国ネットユーザーも感動

少女時代スヨンの言葉で涙を流すジェジュンの画像韓国芸能

“K-POP”という言葉を全世界に広め、今日までの”K-POPアイドル”の歴史を築いてきた東方神起と少女時代。

現在も韓国芸能界の頂点に立つ、東方神起のメンバーだったジェジュンと少女時代のメンバースヨンの豪華な組み合わせと、彼らの率直なトークが韓国で話題になっていますので、ここで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ジェジュンとスヨンのトーク番組はどこで見られる?

少女時代スヨンの言葉で涙を流したジェジュンの話題の動画(出典:ジェチング)

8月31日、Youtubeチャンネル「우하머그(uhmg / ウハマグ)」には「後輩だった元職場の同僚を調べてみたら先輩だった│ジェチング Ep.6」というタイトルの映像が掲載され、女時代のスヨンが出演しました。

2人はかつて、東方神起と少女時代として活躍していた当時、同じ事務所SMエンターテインメントに所属していました。現在は、ジェジュンは自身とCUBEエンターテインメントの元副社長であるノ・ヒョンテ代表が設立した新事務所iNKODEに、スヨンはSARAM ENTERTAINMENTに所属しています。

Youtubeチャンネル「ジェチング」とは?

チャンネルのタイトルに記載されていた「ジェチング」とは一体どのような意味があるのでしょうか。こちらで詳しく説明しますね。

プラットホームYoutube
放送時間毎週木曜日 午後6時
放送期間2023年7月27日~
ジャンルバラエティー
出演ジェジュン
公式サイトInstagramYoutube
Youtubeチャンネル「ジェチング」基本情報

「ジェチング」は、2023年7月27日から毎週木曜日にアップロードされているジェジュンの独自コンテンツで、「ジェチング(재친구)ジェジュンと友達(재중이와 친구들)」を意味しています。

番組の流れとしては、以下のようになっています。

①ゲストが自己紹介文を作成。
②ゲストが書いた自己紹介文をもとにジェジュンがゲストを推測。
③ゲストが書いた「一緒に食べたい食べ物」をジェジュンが作り、完成した料理を味わいながらトークを進行。

スヨンが出演した際、彼女は下記のように自己紹介文を書いていました。

少女時代スヨンが書いた自己紹介文の画像
少女時代スヨンが「ジェチング」に出演した際に書いた自己紹介文

ニックネーム:思い出の中のあの女性
MBTI:ISTP
職業:歌手・女優
一緒に食べたいメニューとその理由:ボンゴレパスタ、ただ食べたくて
自身のヒント:綺麗なのに面白い
ジェジュンの第一印象:目が大きいね..?

スポンサーリンク

スヨンのジェジュンに対する姿勢

少女時代スヨンと東方神起ジェジュンのツーショット画像
少女時代スヨンと東方神起ジェジュンの貴重なツーショット

韓国のポータルサイトの一つである「NATE」に「NATE PANN(네이트 판)」という掲示板があります。そこで話題になっているのが「スヨンのジェジュンに対する姿勢」というスレッドです。

ウィットに富んだスヨンの受け答えに好感が持てると、ネットユーザーのコメントが沢山寄せられていますので、2人が放送の中でどのような会話をしたのか掘り下げてみますね。

チョン・ギョンホとスヨンの恋愛について

スヨンの登場に喜んだジェジュンは、スヨンの彼氏である俳優のチョン・ギョンホについて「チョン・ギョンホさんとの恋愛を見ていていすごく微笑ましいんですよ。公開恋愛することって難しいじゃないですか。特にスヨンはアイドル出身で、今は女優をしているけど、僕は出来ないと思う。僕は公開恋愛は絶対に出来ない。アイドルは隠さないといけない」とコメント。

これにスヨンが「もし彼女が公開恋愛を望んだらどうするの?」と聞くと、ジェジュンは「今、彼女はいますよ…」と告白。

これにスヨンが「知らなかったよ? 記事も読んでいないし…」と動揺を隠せないでいると、ジェジュンは「アンニョン、ベイビーズの皆さん」とファンに挨拶をし、スヨンが呆れた表情を見せて笑いを誘いました。

スポンサーリンク

実はジェジュンより先輩だったスヨン

2人でボンゴレパスタを作りながら、スヨンが「オッパは何年に事務所に入ったの?」と聞くと、ジェジュンが「僕が(SMエンターテインメントに)初めて入った時は2001年!」と言うと、スヨンは「私が先輩ね?」と目を輝かせました。

そこから2人は練習生の時の話になり、ジェジュンは「一番衝撃的だったのが少女時代のソヒョン。ピンクのパジャマのような服を着ていて、初めの頃は頬もパンパンだったのに、デビュー後の姿を見たら”僕がアイドルグループを作るなら、あのような子を見つけないといけない”と思ったよ」とコメント。

これに、スヨンは「それを知っていて事務所は小さい時にキャスティングしたのよ。大きくなったら輝くことを知っていたのよ」と冷静に語りました。

スポンサーリンク

東方神起と少女時代、ダサいチーム名に衝撃?

スヨンが「オッパ、私の練習生時代はどんな感じだった?」と質問すると、ジェジュンは「綺麗で面白くはなかったみたいだけど?笑」とコメントし、スタジオが笑いに包まれました。

そしてジェジュンは、「当時のスヨンは、明るい小学生のような感じだった。明るくて健康で、一生懸命ダンスをして、そういうイメージだったよ」と回想しました。

また、スヨンは「オッパたちがデビューした時、すごいと思った。でもグループ名が練習生の間ですごく話題だったよ。オッパたちのチーム名が東方神起だって…」と、笑いを堪えきれずにいると、ジェジュンも負けじと「でも、スヨンたちのチーム名も少女時代だよ!」と言い返します。

その後、スヨンは「今振り返ってみると、チーム名には意味がないよね。どうして東方神起や少女時代にしたんだろう?」とコメントすると、ジェジュンが「成功してみたら、かっこいい名前に感じるよね」と機転の利いた返答を見せました。

スポンサーリンク

ジェジュンが泣いたスヨンの言葉

少女時代スヨンの言葉で涙を流すジェジュンの画像
少女時代スヨンの言葉で涙を流すジェジュン

現在、ファンミーティングツアーの準備をしているというスヨンは、映像の最後に「私は、皆さんがずっと私のことを好きでいてくださったら嬉しいです。そのことだけを考えて準備をしています。楽しくて皆さんの記憶に残るように…」と語ると、ジェジュンが涙を見せ「ファンのために努力をしているっていうことだよね」とコメント。

これにスヨンが「それが私たちが活動している理由ですよね。ファンがずっと好きでいてくれたら良いな…という気持ちから、運動もして、(体型や肌の)管理もして、コンテンツも作ったりして、ファンが好きなことは何かな? っていつもそれだけを悩んでいますよ」とファンへの愛を見せると、ジェジュンが再び泣き出してしまい、そのようなジェジュンを見てスヨンは「オッパ、可愛い。こういうオッパの姿がベイビーズに愛される理由なんでしょうね」と伝え、スヨンとジェジュンのファンの心を温かくしました。

スポンサーリンク

韓国ユーザーの反応

スヨンが出演した回の「ジェチング」の映像を見た韓国ユーザーからは、以下のようなコメントが寄せられました。

「スヨンの性格は本当に魅力的だね。線を越えずコミカルに接する姿に好感度が上がった」「スヨンはジェジュンよりも先に練習生になったのに、デビューまで時間がかかった苦労人なんだね」「想像もできなかった共演。この2人がこうして会話する姿が見られるなんて嬉しい」「ジェジュンの涙にもらい泣きした」「東方神起、少女時代で活動していた全盛期から20年経っても2人は全く変わらず美男美女だね」など高い評価の反応が多く見られました。

笑いあり、涙ありの「ジェチング」。ぜひ皆さんも一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました