韓国ドラマ「7人の脱出」韓流コンテンツが違法な北朝鮮も目を見張る作品?

韓国ドラマ「7人の脱出」サムネイル画像韓国ドラマ

韓国ドラマの復讐劇を生み出した、伝説の脚本家であるキム・スノク作家。

キム・スノク作家はペントハウスシリーズで名を広め、視聴率30%突破という韓国ドラマ界に新しい記録を打ち立てたことがあります。そんな彼女が今回は「7人の脱出」という新たな復讐ドラマで戻ってきました。

ここでは、豪華俳優陣の出演とヒットメーカーキム・スノク作家のタッグで放送前から韓国で話題になっていた「7人の脱出」の基本情報、そしてタイトルにもある“北朝鮮も目を見張っている理由”を紹介します。

スポンサーリンク

「7人の脱出」基本情報

サムネイルを見ただけで壮絶な復讐劇が予想される「7人の脱出」(出典:SBS Drama)
「7人の脱出」あらすじ

多くの人々のウソと欲望がもつれ合って消えたある少女。
少女の失踪に関わった7人の悪人の生存闘争と、彼らに対する血の報復を描いたピカレスク(悪をなすことで成功を収めるが、やがて自ら破滅してゆく悲劇的な)復讐劇。

7인의 탈출
The Escape of the Seven: War for survival
7人の脱出
ジャンルスリラー、犯罪、復讐、ミステリー
放送時間金・土 / 午後10:00~
放送期間2023年9月15日~2023年11月18日(予定)
放送回数17部作
企画スタジオS
制作スタジオS | Chorokbaem Media
チャンネルSBS
演出チュ・ドンミン、オ・ジュニョク
脚本キム・スノク
制作費462億ウォン
出演 オム・ギジュン、ファン・ジョンウム、イ・ジュン、イ・ユビ他
撮影期間2022年9月1日~2023年7月6日
公式HP7人の脱出

スポンサーリンク

「7人の脱出」キャスト

マチュー・リー役|オム・ギジュン

韓国最大のモバイルプラットフォーム企業代表。
彗星のように登場し、一気にモバイルメッセンジャーシェア1位を達成した企業の会長。実体を知る人が少なく、ベールに包まれたミステリーな人物。そんな彼が前例のない奇怪な事件をきっかけに世の中に姿を現した。余裕のある笑顔の向こうの鋭い目つきは、彼が抱いている巨大な計画が尋常ではないことを証明します。

クム・ラヒ役|ファン・ジョンウム

ドラマ制作会社LHメディア代表。
お金と成功を人生最大の価値と考える欲望の化身。望むものは無条件に勝ち取らなければならず、そのためなら手段と方法を選ばない。準備中の大作ドラマの投資支援を受けるために偽母性まで喜んで作り出した。しかし、その選択が自分を狙った刃になるとは思わなかった。

スポンサーリンク

ミン・ドヒョク役|イ・ジュン

韓国ドラマ「7人の脱出」ミン・ドヒョク役のイ・ジュン
韓国ドラマ「7人の脱出」ミン・ドヒョク役のイ・ジュン(出典:namuwiki)

暴力団出身の危険な男。
夢も希望もなく生まれたついでに生きている、暴力団出身の危険な男。彼の人生は思いがけず裏切りの連続だ。冷たそうに見えるが心臓だけは熱い。表は冷たく中は暖かい男。不本意ながら、ある事件に深く絡んだ後、混沌の中で疾走する人物。

ハン・モネ役|イ・ユビ

韓国ドラマ「7人の脱出」ハン・モネ役のイ・ユビ
韓国ドラマ「7人の脱出」ハン・モネ役のイ・ユビ(出典:namuwiki)

女子高生。校内スターでアイドル志望生。
江南の名門女子高の看板スターであり、アイドル志望生。眩しい美貌と裕福な家庭、優れた才能まで備えたハン・モネは友人の間でも”ワナビー”のような存在だ。 何一つ足りないことのない彼女にとって致命的な弱点は嘘だ。偽りの人生を生きる彼女の人生は、いつからか手に負えないほどこじれ始める。

スポンサーリンク

チャ・ジュラン役|シン・ウンギョン

韓国ドラマ「7人の脱出」チャ・ジュラン役のシン・ウンギョン
韓国ドラマ「7人の脱出」チャ・ジュラン役のシン・ウンギョン(出典:namuwiki)

産婦人科専門医。
父にあたる資産家のバン会頭と一緒に暮らしている。彼が持っているお金を心から愛するチャ・ジュランは、毎瞬間最善を尽くして彼を迎えた。長い間力を入れてきたバン会長との関係が実を結ぶと期待した瞬間、クム・ラヒがバン会長の唯一の孫娘を連れて現れ、彼女の人生に亀裂が生じる。

ヤン・ジンモ役|ユン・ジョンフン

芸能事務所「チェリーエンターテインメント」代表。
どん底から立派な代表の座を占めるまで、多くのことを乗り越えてきた。普段はジェントルマンでありながらも一度怒りが爆発すれば誰も止められない、果てしない欲の持ち主。中傷と謀略に長けた特技を生かし、韓国を席巻する偽ニュースを作り出す。

スポンサーリンク

コ・ミョンジ役|チョ・ユニ

女子高美術教師。
江南の名門、ミョンジュ女子高校で教師を務めている。モネの担任の先生で、互いに大切にし合うある種の関係を維持している。自分の恥部を隠すために選択した嘘が巨大な破局に火をつけることになる。

ナム・チョル役|チョ・ジェユン

警察署刑事班長。
事件のない下町の刑事生活が疲れた頃、ある事件で全国民の視線が集中すると、長い間隠してきた彼の欲望がうごめき始める。

バン・チルソン役|イ・ドクファ

金持ちのビルオーナー。
投資の鬼才と呼ばれる伝説的な現金長者。無駄に使うお金は一銭でも見逃せない、けちくさいけちん坊だ。家族とも縁を切ってジュランにだけ心を開いて過ごしたが、ある日突然目の前に現れた孫娘によって複雑な心境に陥る。

スポンサーリンク

韓国ドラマが違法な北朝鮮も目を見張る「7人の脱出」

韓国ドラマ「7人の脱出」ポスター
韓国ドラマ「7人の脱出」ポスター(出典:namuwiki)

韓国のWikiサイトであるナムウィキの「7人の脱出」情報によると、北朝鮮では韓国に関する情報を見ることは違法だといいます。特に、ドラマや芸能人の情報を見ることはもちろん、共有すると労働教化刑(懲役刑に相当)、死刑などの処罰が下ることが知られています。

ペントハウスシリーズはとても人気があり、以前、北朝鮮でも大きな波紋を起こしました。2021年平安南道(ピョンアンナムド)平城市(ピョンソンシ)競技場でペントハウスシリーズを視聴していた20代4人と、ペントハウスシリーズのセリフを真似していた20代などによる“北朝鮮ペントハウス連続裁判事件”がありました。

この事件当時、関連映像を流布した視聴者は死刑、関連者は最大15年の労働教化刑に処されたと伝えられています。

このように、キム・スノク作家の波及力は北朝鮮まで届くほどで、今回の「7人の脱出」も北朝鮮・平安北道が“脱出”というタイトル自体が“脱北”を連想させると問題視し、集中取り締まりを指示したそうです。

韓流が平安北道の中朝国境地域で広がっているため、特に人気が高いものとみられる「7人の脱出」もやはり目を見張るものと見られています。

スポンサーリンク

まとめ

2023年9月17日現在、日本での配信はまだ決まっていませんが、キム・スノク作家の作品である「ペントハウス」「妻の誘惑」「天使の誘惑」「私はチャン・ボリ!」など日本でも人気のある作品なので、「7人の脱出」も配信されることを願います。

キム・スノク作家は、名前だけでもファンをときめかせる力を持っており、これまでの作品で着実に認知度を上げ、大人世代だけでなく10~20代の若者世代まで人気を得て、復讐や不倫などが絡み合った破格的なストーリーで視聴者を驚かせてきました。

今回「7人の脱出」では、どのような展開で私たちを楽しませてくれるのか、期待が高まりますね。

スポンサーリンク

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました