本ページはプロモーションが含まれています

ソンジェ背負って走れ原作は漫画?ドラマとの違いを比較!

ソンジェ背負って走れ 原作 漫画 ドラマ 比較 韓国ドラマ

この記事では、「ソンジェ背負って走れ原作は漫画?ドラマとの違いを比較!」という内容をお届けします。

2024年4月8日に初回放送する新ドラマ「ソンジェ背負って走れ」は、有名アーティストのリュ・ソンジェの大ファンの女性イム・ソルが、突然生涯を終えた彼を救うため、過去にタイムスリップするファンタジーロマンス。

本作は、人気ウェブ小説が原作で、現在ウェブトゥーンでも連載されています。

そこで、ここでは「ソンジェ背負って走れ」の原作とドラマの違いについて、登場人物やストーリーなど比較していきたいと思います。

以下の内容は「ソンジェ背負って走れ」のドラマとウェブトゥーンのネタバレを含みます。

 

ソンジェ背負って走れ原作は漫画?


「ソンジェ背負って走れ」は、キム・パン作家の人気ウェブ小説「明日の一番:ソンジェ背負って走れ(내일의 으뜸:선재 업고 튀어)」が原作です。

現在、韓国では“カカオウェブトゥーン”で連載されており、2020年7月17日には書籍としても発売されたようです。

調べてみたところ、日本では「ソンジェ背負って走れ」のウェブトゥーン連載は無いようです。

それでは、下記では「ソンジェ背負って走れ」の原作とドラマではどのような違いがあるのか比較していきます♪

 

ソンジェ背負って走れドラマとの違いを比較

撮影の目撃談や人物情報によると、原作とかなり脚色されているものと見られます。

イム・ソル役のキム・ヘユンさんが病院で撮影をしたり、車椅子に乗って撮影をするシーンが韓国で目撃されていたようですが、これは原作にはなかった設定。

タイムスリップをする前に、不意の事故で障害を持つと見られます。

また、運転シーンなどの撮影も目撃されており、タイムスリップを通じて事故を防いだものと推定されます。

 

あらすじの違い

原作

大学卒業を控えている平凡な就活生イム・ソル。

アイドルグループ“감자전(じゃがいものチヂミ)”の第5のメンバー、リュ・ソンジェのオタクであることを隠しています。

そんなある日、不慮の事故でリュ・ソンジェは他界し、悲しみに沈んでいたイム・ソルは偶然拾った懐中時計を通じて6年前の過去にタイムスリップすることになる。

グレーのズボンに白いシャツ、ベージュのニットベスト…「ソンジェ、ソンジェだ!本当にいた!」写真だけで見ことのある高校生のリュ・ソンジェが目の前にいた。

これはチャンスかもしれない、リュ・ソンジェを”じゃがいもチヂミ”に合流できないようにするチャンス。

23歳で風邪薬を飲み間違えて、運が悪くも人生を終えたリュ・ソンジェを生かすことができる機会。

再びやり直すことになった18歳の目標はただ一つ、リュ・ソンジェを助けること!

過去で推しを生かすために孤軍奮闘するイム・ソルの物語。

 

ドラマ | リュ・ソンジェ

●原作
アイドルグループ“감자전(じゃがいものチヂミ)”のメンバー。

23歳で風邪薬を飲み間違えて、運悪く人生を終えました。

●ドラマ
トップバンド“Eclipse(イクリプス)”のボーカル。

突然バーンアウトに襲われ、眠れない夜が続き、悩んだ末に芸能界引退を決心。

最後のコンサートステージを終えたその日の夜、彼は突然亡くなりました。

メディアでは「不眠症・うつ病による極端な選択」という記事が出回り、全国民が衝撃に陥りました。

●2008年のソンジェ
水泳部のエースで全国体育大会で2冠、メイン種目ではパク・テファンに匹敵するほどの記録を打ち立て、次世代スポーツスターとしてマスコミのスポットライトを浴びます。

肩の手術を受けてリハビリをしたため、順調だと思っていた選手生活がしばらく停滞。

広い肩幅、運動で鍛えられた丈夫な体、365日ジャージを着ていても完璧なフィジカル、甘いマスクにイケボまで、全て兼ね備えているのに意外と人気がない。

インターネットのミニホームページ・CYWORLD(サイワールド)のイケメンたちが人気を博していたあの頃。

365日、運動服姿で体育館に出入りしていた彼が、女子生徒たちの目に留まっていたはずもなく…男前のようで無愛想に見え、近寄りがたいスタイルのように見えるが、情が深くて心が弱い。

見かけ倒しで純真なところがあり、事実上おとなしい大型犬タイプ。

でも、頭と胸に水泳と家族しかいなかった彼に新しいものが入ってくる。それは、まさに”初恋”。

水泳は0.01秒で勝負が分かれる記録争いなので、感情の動揺を最小限にしなければならない。

そのため、平常心が非常に重要であり、それがすなわち自分の強みだと自信を持つことができる。

でも…これが簡単に崩れるものだったと、初めて知ることになる。

 

ドラマ | イム・ソル

●原作
大学卒業を控えている平凡な就活生イム・ソル。

“じゃがいものチヂミ”のリュ・ソンジェのオタクであることを隠している。

ソンジェが亡くなったとき、偶然拾った懐中時計を通じて6年前の過去にタイムスリップ。

●ドラマ
映画監督が夢だったが、15年前に不意の事故で下半身麻痺の判定を受けて夢を諦める。

アルバイトでYoutubeの映像編集の仕事をしながら映画編集者になるために努力中。

“Eclipse”のボーカル、リュ・ソンジェのファンになり、ソンジェの声は彼女の心強い支えであり、熱烈なオタ活が唯一の楽しみだった。

辛い時には彼が言ってくれた言葉を思い出して「そうだ、今日も生きよう」と生きる活力をもらっていました。

ソンジェが亡くなったとき、道端で号泣している最中に目を覚ましたら、15年前の教室にタイムスリップ。

「ソンジェ背負って走れ」のドラマと原作の違いは今後随時更新していきます。

 

ソンジェ背負って走れ原作とドラマの違いまとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、「ソンジェ背負って走れ原作は漫画?ドラマとの違いを比較!」というタイトルで「ソンジェ背負って走れ」の原作(漫画)とドラマの違いを比較してみました。

あらすじだけ見てもかなり設定の違いがあり、ドラマではオリジナルのストーリーが沢山出てくることでしょう。

この記事では、「原作ではそのように書かれていたんだ~」と、ドラマとの違いを楽しんでいただけたら嬉しいです♪

error: このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました