ソ・イングク主演、韓国ドラマ「もうすぐ死にます」はどこで見れる?キャストや現地の評価は?

ソ・イングク&パク・ソダム主演、韓国ドラマ「もうすぐ死にます」はどこで見れる?キャストや現地の評価は?韓国ドラマ

罪を犯した者“ソ・イングクに向けた、”罰を与える者“パク・ソダムの注目のドラマが始まります!

12月15日に初回放送される、TVING(ティビン)オリジナルシリーズ「もうすぐ死にます」。同作は同名のウェブトゥーンを原作としたドラマで、まるで漫画から出てきたかのような俳優陣のシンクロ率が放送前から韓国ですでに話題になっています。

ここでは「もうすぐ死にます」のあらすじやキャストなどご紹介します。

原作とドラマの違い

原作ウェブトゥーンのタイトルは「もうすぐ死にます(이제 곧 죽습니다)」ですが、ドラマの韓国語のタイトルは男性主人公のチェ・イジェの名前を使って「イジェ、もうすぐ死にます(이재, 곧 죽습니다)」に変更されています。
“이제(イジェ)”“이재(イジェ)”、タイトルも細かな設定が成されていますね。

★この記事の内容★

「もうすぐ死にます」日本で読めるウェブ漫画

「もうすぐ死にます」は同名の人気NAVERウェブ漫画を原作とする作品です。

原作は、中国語・タイ語・フランス語・英語・ドイツ語などでサービスされており、グローバル累積再生回数2億8千万ビューを突破するなど世界的な人気を博しています。

日本でも2020年10月30日よりLINEマンガにて日本語訳で連載されていますので、ドラマ配信の予習として先に読んでおくと、よりドラマが楽しめるかもしれませんね。

「もうすぐ死にます」キャスト

ソ・イングクとパク・ソダムをはじめ、多様な個性を備えた俳優たちがシークレットキャストとして総出動し、キャスティング段階から熱い関心を集めている「もうすぐ死にます」。

ここにヒット作メーカーであるハ・ビョンフン監督が脚本と演出を担当し、独自の世界観を作り上げていきます。

チェ・イジェ役 | ソ・イングク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

서인국 Seo In Guk(@seo_cccc)がシェアした投稿

7年もの間、就活の失敗を繰り返した末、人生をあきらめた人物。貧しい家に生まれ、人生の苦味だけを体験し死後残酷な裁きを受けることになる。

死役 | パク・ソダム

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Park So Dam(@imsodamm)がシェアした投稿

地獄に落ちる寸前のチェ・イジェに12回の生と死という裁き下したミステリーな存在。

パク・テウ役 | キム・ジフン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KIM JIHUN(@jiraishin99)がシェアした投稿

原作ウェブ漫画には登場しない、ドラマオリジナルのキャラクター。

イ・ジス役 | コ・ユンジョン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

고윤정(@goyounjung)がシェアした投稿

以下、チェ・イジェが転生した人物役

“チェ・イジェが転生した人物役”の俳優たちは、主演のソ・イングクとは違う姿でも内面は同じキャラクターを表現するため、言葉遣いや呼吸などをソ・イングクと真似て、まるで一人が演技しているような完璧な“ケミ”を披露していくようです。一人一人どのようなエピソードが公開されるかとても気になりますね。

“ケミ”とは?

“化学”や”化学反応”を意味する韓国語”ケミストリー”を縮めた言葉で、相性が良いことやコンビネーションなどの意味を持ちます。

チェ・シウォン(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

최시원 • Siwon Choi(@siwonchoi)がシェアした投稿

ソンフン(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SungHoon & again Roiii(@sunghoon1983)がシェアした投稿

キム・ガンフン(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

김강훈(@kanghoon.juwon)がシェアした投稿

チャン・スンジョ(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

장승조(@ssangear1004)がシェアした投稿

イ・ジェウク(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

이재욱(@jxxvvxxk)がシェアした投稿

キム・ジェウク(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

김재욱(@jaeuck.kim)がシェアした投稿

ユ・インス(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

유인수(@k.a_innsoo)がシェアした投稿

オ・ジョンセ(特別出演)

オ・ジョンセさんご本人は、Instagramのアカウントを開設していませんので、こちらはファンの方のアカウントになります。

「もうすぐ死にます」韓国での評価(配信前)

“生と死が12回繰り返される”というドラマ設定なので、主役のチェ・イジェが転生した人物役として特別出演する俳優たちにも注目が集まっています。

韓国のオンラインコミュニティー“theqoo(ドク)”では、出演陣のラインナップを目にしたネットユーザーから下記のような反応が見受けられました。

●俳優には詳しくない私でも、知らない人が一人もいないくらい豪華なラインナップ!
●原作を見ると大体どんなキャラクターを演じるのか見当がついた。絶対面白いよ。
●好感度の高い俳優ばかり。キャスティングだけ見ても大ヒット間違いない。
●わぁ、ソ・イングクのシンクロ率がウェブトゥーンそのままだ。
●めちゃくちゃ面白そう。12月が待ち遠しい。
●出演料だけでいくらなんだろう。
etc…

このように、現在の韓国ドラマ界をリードする主演級の俳優たちの集合に、韓国のネットユーザーたちはときめきと感動を寄せており、ドラマへの高評価が期待されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、ドラマ「もうすぐ死にます」についてご紹介しました。

チェ・イジェが体験する12回の人生、そしてチェ・イジェの魂が入る12人が、それぞれ異なるジャンルで多彩な物語を繰り広げる生と死の関係性を盛り込んだエピソード。

“信じて見る俳優たち”と人生の作品を作り上げる監督のシナジー効果に注目です。

下記のリンク先よりご覧ください。

\「もうすぐ死にます」の配信ページはコチラ/

 

「もうすぐ死にます」基本情報

韓国ドラマ「もうすぐ死にます」は、地獄に落ちる寸前のチェ・イジェ(ソ・イングク)が、死(パク・ソダム)が下した裁きによって12回の死と人生を経験する”人生乗り換え”ファンタジードラマです。

ソ・イングクは、生きている間に挫折と失敗ばかりを経験し、自ら生きることをあきらめた就活生チェ・イジェ役を、パク・ソダムは超越的な存在である”死”役を演じ、生と死を行き来する特別な関係性を描く予定です。

タイトル이재, 곧 죽습니다(韓国語)
Deaths Game (英語)
もうすぐ死にます (日本語)
ジャンルファンタジー、転生
公開予定2023年12月15日
エピソード8部作
制作会社SLL JOONGANG CO., Ltd
SARAM ENTERTAINMENT
演出ハ・ビョンフン
「18アゲイン」(2020年)
「ゴー・バック夫婦」(2017年)
などを演出
原作NAVER ウェブトゥーン「もうすぐ死にます」
出演ソ・イングク、パク・ソダム他
撮影期間2023年2月18日~2023年9月23日
配信TVING | Prime Video
「もうすぐ死にます」基本情報
原作とドラマの違い

原作ウェブトゥーンのタイトルは「もうすぐ死にます(이제 곧 죽습니다)」ですが、ドラマの韓国語のタイトルは男性主人公のチェ・イジェの名前を使って「イジェ、もうすぐ死にます(이재, 곧 죽습니다)」に変更されています。
“이제(イジェ)”“이재(イジェ)”、タイトルも細かな設定が成されていますね。

「もうすぐ死にます」日本で読めるウェブ漫画

「もうすぐ死にます」は同名の人気NAVERウェブ漫画を原作とする作品です。

原作は、中国語・タイ語・フランス語・英語・ドイツ語などでサービスされており、グローバル累積再生回数2億8千万ビューを突破するなど世界的な人気を博しています。

日本でも2020年10月30日よりLINEマンガにて日本語訳で連載されていますので、ドラマ配信の予習として先に読んでおくと、よりドラマが楽しめるかもしれませんね。

「もうすぐ死にます」キャスト

ソ・イングクとパク・ソダムをはじめ、多様な個性を備えた俳優たちがシークレットキャストとして総出動し、キャスティング段階から熱い関心を集めている「もうすぐ死にます」。

ここにヒット作メーカーであるハ・ビョンフン監督が脚本と演出を担当し、独自の世界観を作り上げていきます。

チェ・イジェ役 | ソ・イングク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

서인국 Seo In Guk(@seo_cccc)がシェアした投稿

7年もの間、就活の失敗を繰り返した末、人生をあきらめた人物。貧しい家に生まれ、人生の苦味だけを体験し死後残酷な裁きを受けることになる。

死役 | パク・ソダム

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Park So Dam(@imsodamm)がシェアした投稿

地獄に落ちる寸前のチェ・イジェに12回の生と死という裁き下したミステリーな存在。

パク・テウ役 | キム・ジフン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KIM JIHUN(@jiraishin99)がシェアした投稿

原作ウェブ漫画には登場しない、ドラマオリジナルのキャラクター。

イ・ジス役 | コ・ユンジョン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

고윤정(@goyounjung)がシェアした投稿

以下、チェ・イジェが転生した人物役

“チェ・イジェが転生した人物役”の俳優たちは、主演のソ・イングクとは違う姿でも内面は同じキャラクターを表現するため、言葉遣いや呼吸などをソ・イングクと真似て、まるで一人が演技しているような完璧な“ケミ”を披露していくようです。一人一人どのようなエピソードが公開されるかとても気になりますね。

“ケミ”とは?

“化学”や”化学反応”を意味する韓国語”ケミストリー”を縮めた言葉で、相性が良いことやコンビネーションなどの意味を持ちます。

チェ・シウォン(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

최시원 • Siwon Choi(@siwonchoi)がシェアした投稿

ソンフン(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SungHoon & again Roiii(@sunghoon1983)がシェアした投稿

キム・ガンフン(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

김강훈(@kanghoon.juwon)がシェアした投稿

チャン・スンジョ(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

장승조(@ssangear1004)がシェアした投稿

イ・ジェウク(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

이재욱(@jxxvvxxk)がシェアした投稿

キム・ジェウク(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

김재욱(@jaeuck.kim)がシェアした投稿

ユ・インス(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

유인수(@k.a_innsoo)がシェアした投稿

オ・ジョンセ(特別出演)

オ・ジョンセさんご本人は、Instagramのアカウントを開設していませんので、こちらはファンの方のアカウントになります。

「もうすぐ死にます」韓国での評価(配信前)

“生と死が12回繰り返される”というドラマ設定なので、主役のチェ・イジェが転生した人物役として特別出演する俳優たちにも注目が集まっています。

韓国のオンラインコミュニティー“theqoo(ドク)”では、出演陣のラインナップを目にしたネットユーザーから下記のような反応が見受けられました。

●俳優には詳しくない私でも、知らない人が一人もいないくらい豪華なラインナップ!
●原作を見ると大体どんなキャラクターを演じるのか見当がついた。絶対面白いよ。
●好感度の高い俳優ばかり。キャスティングだけ見ても大ヒット間違いない。
●わぁ、ソ・イングクのシンクロ率がウェブトゥーンそのままだ。
●めちゃくちゃ面白そう。12月が待ち遠しい。
●出演料だけでいくらなんだろう。
etc…

このように、現在の韓国ドラマ界をリードする主演級の俳優たちの集合に、韓国のネットユーザーたちはときめきと感動を寄せており、ドラマへの高評価が期待されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、ドラマ「もうすぐ死にます」についてご紹介しました。

チェ・イジェが体験する12回の人生、そしてチェ・イジェの魂が入る12人が、それぞれ異なるジャンルで多彩な物語を繰り広げる生と死の関係性を盛り込んだエピソード。

“信じて見る俳優たち”と人生の作品を作り上げる監督のシナジー効果に注目です。

TVING(ティビン)とは?

TVINGは、韓国の大手エンターテインメント企業「CJ ENM」から2020年に独立した動画配信サービスで、韓国のテレビチャンネルtvNやJTBCなどの番組を中心に配信しています。

「もうすぐ死にます」日本ではどこで見られる?

韓国ドラマ「もうすぐ死にます」は、12月15日にTVINGで配信がスタートし、また240ヶ国以上のAmazonのストリーミングサービスであるプライムビデオ(Prime Video)を通じて配信されます。

下記のリンク先よりご覧ください。

\「もうすぐ死にます」の配信ページはコチラ/

 

「もうすぐ死にます」基本情報

韓国ドラマ「もうすぐ死にます」は、地獄に落ちる寸前のチェ・イジェ(ソ・イングク)が、死(パク・ソダム)が下した裁きによって12回の死と人生を経験する”人生乗り換え”ファンタジードラマです。

ソ・イングクは、生きている間に挫折と失敗ばかりを経験し、自ら生きることをあきらめた就活生チェ・イジェ役を、パク・ソダムは超越的な存在である”死”役を演じ、生と死を行き来する特別な関係性を描く予定です。

タイトル이재, 곧 죽습니다(韓国語)
Deaths Game (英語)
もうすぐ死にます (日本語)
ジャンルファンタジー、転生
公開予定2023年12月15日
エピソード8部作
制作会社SLL JOONGANG CO., Ltd
SARAM ENTERTAINMENT
演出ハ・ビョンフン
「18アゲイン」(2020年)
「ゴー・バック夫婦」(2017年)
などを演出
原作NAVER ウェブトゥーン「もうすぐ死にます」
出演ソ・イングク、パク・ソダム他
撮影期間2023年2月18日~2023年9月23日
配信TVING | Prime Video
「もうすぐ死にます」基本情報
原作とドラマの違い

原作ウェブトゥーンのタイトルは「もうすぐ死にます(이제 곧 죽습니다)」ですが、ドラマの韓国語のタイトルは男性主人公のチェ・イジェの名前を使って「イジェ、もうすぐ死にます(이재, 곧 죽습니다)」に変更されています。
“이제(イジェ)”“이재(イジェ)”、タイトルも細かな設定が成されていますね。

「もうすぐ死にます」日本で読めるウェブ漫画

「もうすぐ死にます」は同名の人気NAVERウェブ漫画を原作とする作品です。

原作は、中国語・タイ語・フランス語・英語・ドイツ語などでサービスされており、グローバル累積再生回数2億8千万ビューを突破するなど世界的な人気を博しています。

日本でも2020年10月30日よりLINEマンガにて日本語訳で連載されていますので、ドラマ配信の予習として先に読んでおくと、よりドラマが楽しめるかもしれませんね。

「もうすぐ死にます」キャスト

ソ・イングクとパク・ソダムをはじめ、多様な個性を備えた俳優たちがシークレットキャストとして総出動し、キャスティング段階から熱い関心を集めている「もうすぐ死にます」。

ここにヒット作メーカーであるハ・ビョンフン監督が脚本と演出を担当し、独自の世界観を作り上げていきます。

チェ・イジェ役 | ソ・イングク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

서인국 Seo In Guk(@seo_cccc)がシェアした投稿

7年もの間、就活の失敗を繰り返した末、人生をあきらめた人物。貧しい家に生まれ、人生の苦味だけを体験し死後残酷な裁きを受けることになる。

死役 | パク・ソダム

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Park So Dam(@imsodamm)がシェアした投稿

地獄に落ちる寸前のチェ・イジェに12回の生と死という裁き下したミステリーな存在。

パク・テウ役 | キム・ジフン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KIM JIHUN(@jiraishin99)がシェアした投稿

原作ウェブ漫画には登場しない、ドラマオリジナルのキャラクター。

イ・ジス役 | コ・ユンジョン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

고윤정(@goyounjung)がシェアした投稿

以下、チェ・イジェが転生した人物役

“チェ・イジェが転生した人物役”の俳優たちは、主演のソ・イングクとは違う姿でも内面は同じキャラクターを表現するため、言葉遣いや呼吸などをソ・イングクと真似て、まるで一人が演技しているような完璧な“ケミ”を披露していくようです。一人一人どのようなエピソードが公開されるかとても気になりますね。

“ケミ”とは?

“化学”や”化学反応”を意味する韓国語”ケミストリー”を縮めた言葉で、相性が良いことやコンビネーションなどの意味を持ちます。

チェ・シウォン(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

최시원 • Siwon Choi(@siwonchoi)がシェアした投稿

ソンフン(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SungHoon & again Roiii(@sunghoon1983)がシェアした投稿

キム・ガンフン(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

김강훈(@kanghoon.juwon)がシェアした投稿

チャン・スンジョ(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

장승조(@ssangear1004)がシェアした投稿

イ・ジェウク(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

이재욱(@jxxvvxxk)がシェアした投稿

キム・ジェウク(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

김재욱(@jaeuck.kim)がシェアした投稿

ユ・インス(特別出演)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

유인수(@k.a_innsoo)がシェアした投稿

オ・ジョンセ(特別出演)

オ・ジョンセさんご本人は、Instagramのアカウントを開設していませんので、こちらはファンの方のアカウントになります。

「もうすぐ死にます」韓国での評価(配信前)

“生と死が12回繰り返される”というドラマ設定なので、主役のチェ・イジェが転生した人物役として特別出演する俳優たちにも注目が集まっています。

韓国のオンラインコミュニティー“theqoo(ドク)”では、出演陣のラインナップを目にしたネットユーザーから下記のような反応が見受けられました。

●俳優には詳しくない私でも、知らない人が一人もいないくらい豪華なラインナップ!
●原作を見ると大体どんなキャラクターを演じるのか見当がついた。絶対面白いよ。
●好感度の高い俳優ばかり。キャスティングだけ見ても大ヒット間違いない。
●わぁ、ソ・イングクのシンクロ率がウェブトゥーンそのままだ。
●めちゃくちゃ面白そう。12月が待ち遠しい。
●出演料だけでいくらなんだろう。
etc…

このように、現在の韓国ドラマ界をリードする主演級の俳優たちの集合に、韓国のネットユーザーたちはときめきと感動を寄せており、ドラマへの高評価が期待されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、ドラマ「もうすぐ死にます」についてご紹介しました。

チェ・イジェが体験する12回の人生、そしてチェ・イジェの魂が入る12人が、それぞれ異なるジャンルで多彩な物語を繰り広げる生と死の関係性を盛り込んだエピソード。

“信じて見る俳優たち”と人生の作品を作り上げる監督のシナジー効果に注目です。

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました