「2023 MAMA AWARDS」の見どころは?K-POPアイドル・韓国俳優が一挙に集結!

K-POPアイドル、韓国俳優が一挙に集結する「2023 MAMA AWARDS」の見どころは韓国芸能

今後もK-POPを代表する授賞式としての地位を守ること

候補選定、審査、投票、授賞、舞台すべてにおいて、これからも使命感を持って、業界の声に耳を傾け、進化する。その旅路を一緒に見守ってほしい

これは、11月8日に「2023 MAMA AWARDS(2023 ママアワード)」が公の場で明かした抱負です。

韓国の音楽産業の成長において、全世界にK-POPを知らせる架け橋となってきた「MAMA」。

グローバル授賞式へと歩みを続け、今年も豪華なラインナップで期待が高まっている「MAMA」の見どころをここで紹介します。

スポンサーリンク

「MAMA 2023」開催地・視聴方法

CJ ENMは、11月28日11月29日の2日間にかけて日本・東京ドームで「2023 MAMA AWARDS」を開催すると発表。

東京ドームは、1回当たり約5万人を収容できる大規模な会場で、多くのアーティストにとって“夢の舞台”として知られるステージです。

イベントの様子は、レッドカーペット・授賞式ともに、Mnetチャンネルだけでなく、Youtubeチャンネルをはじめ、Mnet TV、KCON official、M2を通じて全世界に生中継される予定です。

日本では、CS放送Mnet、動画配信サービスMnet Smart+などで視聴が可能ですので、詳しくは下記の「2023 MAMA AWARDS」公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

「MAMA 2023」出演者ラインナップ

今年の「MAMA」は、K-POPアーティストだけでなく、動画配信サービスやスクリーンを代表する俳優、話題の著名人やスポーツスターまで、Kコンテンツ全般を網羅する豪華な祭典になる見通しです。

司会(ホスト)

今年の司会(ホスト)には、俳優のパク・ボゴム(1日目)とソロアーティストのチョン・ソミ(2日目)のグローバルスターが選ばれました。

出演者の特徴や個性を最大限に引き出す上手な進行と、自らのトークで場を盛り上げる柔軟なトーク力を誇る二人が、どのようなエネルギーを見せてくれるのか楽しみですね。

1日目(11月28日)

&TEAM、Dynamicduo、ENHYPEN、INI、JO1、JUST B、 Kep1er、Lee Young Ji、STREET WOMAN FIGHTER 2、 TOMORROW X TOGETHER、東方神起(TVXQ!)、xikers、Yoshiki

2日目(11月29日)

ATEEZ、BOYNEXTDOOR、EL7Z UP、(G)I-DLE、LE SSERAFIM、Monika、NiziU、RIIZE、SEVENTEEN、TREASURE、ZEROBASEONE

プレゼンター ラインナップ

リュ・スンリョン、パク・ウンビン、アン・ジェホン、イ・ジェフン、チャ・スンウォン、オム・ジョンファ、イ・ジュノ(2PM)、チェ・スヨン(少女時代)、ファン・ミニョン、キム・ソヒョン、パク・ギュヨン、ユ・ヨンソク、イ・ジュニョク、チョン・ギョンホ、青木崇高(あおき むねたか)など

スポンサーリンク

「MAMA 2023」見どころ

公開されたラインナップには、今年ドラマで大活躍した代表的な俳優たちの名前が目を引きます。

また、K-POPアイドル出身で現在は俳優として魅力を確固たるものにしたマルチエンターテイナーや、新人として新たな魅力を披露したライジングスター、元格闘技選手や、韓国映画「犯罪都市」シリーズの第3弾となる「犯罪都市 NO WAY OUT」で悪役を演じた日本の俳優・青木崇高も参加を確定。

このように、ホストとK-POPアーティストのラインナップ、プレゼンターのラインナップまで全てが華やかで、目も耳も幸せなイベントになりそうですね。

さらに、今年のMAMAは様々なコラボレーションステージも準備されているようで、韓国でも人気を誇るX JAPANのYOSHIKIがK-POPスターとどのようなステージを作りあげるのか、ここも一つの見どころと言えるでしょう。

スポンサーリンク

MAMAの歴史

「MAMA AWARDS」はCJ ENMが主催する音楽授賞式です。

1999年、Mnet映像音楽大賞としてスタートしてから、2009年には韓国初のアジア音楽授賞式を宣言し、「Mnet ASIAN MUSIC AWARDS」略して「MAMA」に名前を変更。

そして、昨年からはグローバルな音楽市場の変化に歩調を合わせ、新たなブランド「MAMA AWARDS」に変更しました。

24年間の歴史を誇る「MAMA AWARDS」は、マカオ、シンガポール、香港、ベトナム、日本などアジア各地で開催しながらK-POPのグローバル化をリードしており、授賞式としての地位を証明しています。

スポンサーリンク

今年のコンセプトは「One I Born」

今年のテーマは、「無限の可能性を秘めた世界で唯一の存在“I”と、“MAMA”が出会い、完璧な“One”になる」という意味を込めた「One I Born」と発表されました。

「2023 MAMA AWARDS」を通じて、世界の数多くの人々が音楽で連帯する“Music Makes ONE”の真の力を見せるというポジティブなエネルギーが伝わってきますね。

スポンサーリンク

まとめ

ここでは「2023 MAMA AWARDS」の見どころと、豪華出演陣についてまとめてみました。

SNSを見ていると、イベントの日が近くなるにつれて「MAMA」への熱を帯びた期待感が、Kコンテンツファンの皆さんからひしひしと伝わってきます。

今年の「MAMA」はどのようなレジェンドステージが誕生するのでしょうか。授賞式開催が楽しみですね。

スポンサーリンク

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました