韓国ドラマ「マスクガール」出演キャスト、韓国での評価は?

マスクガールサムネイル韓国ドラマ

最近、NetflixなどのOTT(オンライン動画サービス)では、新作韓国ドラマが続々と公開されていますね。溢れるコンテンツの中で「次はどの作品を見ようかな?」と悩む方も多いと思います。そのような中で”後悔しない視聴”を約束する新作ドラマを紹介いたします。

そのドラマは8月18日に配信がスタートしたNetflixオリジナルシリーズ「マスクガール」です。外見至上主義に対する鳥肌の立つ描写で衝撃を与えた同名ウェブトゥーンが原作となっており、女優コ・ヒョンジョンと、女性アイドルグループAFTERSCHOOL(アフタースクール)のナナ、新人女優イ・ハンビョルが主演を引き受けた作品です。

スポンサーリンク

「マスクガール」基本情報

それでは「マスクガール」の基本情報を見てみましょう。

タイトル마스크걸(マスクガール/Mask Girl)
ジャンルスリラー、ミステリー、サスペンス、ノワール、ブラックコメディ等
公開日2023年8月18日
制作会社BON FACTORY
配信回数7部作
演出キム・ヨンフン
脚本キム・ヨンフン
原作ウェブトゥーン MASK GIRL
出演コ・ヒョンジョン、アン・ジェホン、ヨム・ヘラン、ナナ、イ・ハンビョル他
撮影期間2022年2月23日~2022年10月23日
日本配信Netflix
ウェブ漫画LINEマンガ ebook
「マスクガール」基本情報

スポンサーリンク

「マスクガール」あらすじ

「マスクガール」は、顔は可愛くないけれど、スタイルは超絶バツグンという外見にコンプレックスを持った平凡な会社員キム・モミ(イ・ハンビョル、ナナ、コ・ヒョンジョン)が、夜になるとマスクで顔を隠してインターネットのライブ配信をするBJとして活動しながら、次々と意図しない事件に巻き込まれていくストーリーです。

幼い頃、芸能人を夢見たモミは密かに人気BJ「マスクガール」として活動し人気を満喫します。そんなある日、モミは片思いしていた職場の既婚者上司が他の女性と浮気中であることを知り絶望に陥りチャットで自分を優しく慰めてくれる男性に会いますが、予想しなかった事件が相次いで起き、急変する人生を迎えることになります。

スポンサーリンク

「マスクガール」出演キャスト

まるでウェブ漫画から出てきたようなキャストたちのビジュアルは、スチール公開とともに話題になりました。コ・ヒョンジョンとナナ、そして新人女優イ・ハンビョルが主演にキャスティングされ「マスクガール」キム・モミの波乱万丈な人生を描きます。

キム・モミ役

イ・ハンビョル

外見の劣等感に苦しんでいますが、マスクをつけてインターネット放送のBJに変身し、喜びを感じるようになります。

スポンサーリンク

ナナ

思いもよらなかった事件に関わった後、見違えるほど変わった外見を持つようになります。

コ・ヒョンジョン

時間が経った後、手の施しようもなく押し寄せる人生の中で、一つの目標のために手段と方法を選ばない人物を描きます。

スポンサーリンク

チュ・オナム役(アン・ジェホン)

キム・モミに片思いする会社の同僚。キム・モミに劣らない外見コンプレックスを持っており、存在感などない男。彼の唯一の楽しみはインターネット放送を見ることで、BJモミと思いがけない事件に絡むことになります。

キム・ヨンジャ役(ヨム・ヘラン)

幸薄い運命に離婚までして、息子のチュ・オナムだけを眺めて生きてきた人物。真心を込めて世話をしていたオナムが行方不明になった後、崩れそうな心を引き締めて後を追い始めます。

スポンサーリンク

なぜ3人が1役を演じているの?

原作の設定上、主人公のキム・モミには3人1役が必須であり、整形前のキム・モミ、夢見ていた容姿を持つようになった整形後のキム・モミ、一連の事件以後、刑務所に収監された最後のキム・モミと変わっていく設定のためです。

整形後のモミを演じたナナ曰く、「1話から3話まではイ・ハンビョル、4話と5話はナナ、6話と7話はコ・ヒョンジョンがキム・モミ役をそれぞれ演じ、3話と5話ではキム・モミの直接的な登場はなく、写真の中の姿やマスクをつけた姿など間接的に登場する」とのことです。

これは裏話ですが、キム・ヨンフン監督の話によると、整形前のキム・モミがインターネットの放送をしながら使うマスクはナナの顔で作られたそうです。美術監督のアイデアでモミのなりたい顔を考えて整形後のキム・モミ、すなわち自然にナナの姿になるように作り上げていたようです。

スポンサーリンク

「マスクガール」韓国での評価

原作の同名ウェブトゥーンは、2015年8月にスタートし、2018年6月に全130話で完結しました。連載当時、NAVERウェブトゥーンの総合順位トップ10を維持したほど人気を集め、斬新なストーリーで多くの人々から”人生のウェブトゥーン”に挙げられるほど、強いファンダムを構築しています。

ティーザーの予告編公開日、X(Twitter)のリアルタイムトレンドに上がったほど原作ファンたちのドラマに対する関心が高く、Netflix Koreaの公式Youtubeに掲載されたティーザー予告編には「奇怪でありながら感覚的で華やかだ」と、原作ファンの高評価な書き込みで埋め尽くされています。

「マスクガール」予告編

俳優たちの演技が歴代級という評価が多く、特にキム・モミ役のイ・ハンビョルのシンクロ率および演技力が好評です。また、チュ・オナム役を演じたアン・ジェホンの演技も原作超えとの声もあり、サイコパスな演技を披露したキム・ギョンジャ役のヨム・ヘランの熱演は百聞は一見に如かずとのこと。

130話という原作を7話にまとめたため、刺激的なシーンや描写も大幅に減ったものの、そのおかげか最後まで視聴する人が増えたようです。原作の中で最も刺激的で不快感を誘発した部分がそのまま放送されていたら見られない人が多かっただろうという声も。

ただ、ドラマ化のため脚色は当然のことなのですが、展開が早くマスクガールの核心のテーマである外見至上主義を極端に批判する描写が相当数減ったところは難色を示す原作ファンが多かったようです。

スポンサーリンク

まとめ

マスクをつけた女性のインパクトのあるポスターから、どのようなドラマなのか気になった方も多いと思いますが、単に強烈な印象を与えるだけでなく、そこには女性を顔と体型で評価する外見至上主義に対する批判、また、本来の姿を隠したままマスクをして生きていくキム・モミなどの登場人物を通じて、他人の視線を気にする人生を風刺するなど、複雑で多様な社会的問題を複合的に描き出しています。

「マスクガール」は、社会的問題やイシューになることはなぜ起きるのか、その根底に敷かれている問題点を表している奥深い作品なのではないかと思います。

スポンサーリンク

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました