アン・ジェホン”今度はレス夫婦役”新作「LTNS」ってどんなドラマ?

アン・ジェホン”今度はレス夫婦役”新作「LTNS」ってどんなドラマ?韓国ドラマ

Netflixシリーズ「マスクガール」に出演したアン・ジェホンと、映画「チョン博士の退魔研究所」に出演したイ・ソムの共演作に期待の声が上がっています。

2人が出演するドラマのタイトルは「LTNS(仮題)」。一体どのようなドラマなのでしょうか。こちらで紹介いたします。

スポンサーリンク

「LTNS」ってどんなドラマ?

「LTNS」は”Long Time No Sex”の略で、生活に追われ関係が疎遠になった5年目の夫婦ウジン(イ・ソム)とサミュエル(アン・ジェホン)が、お金を稼ぐために不倫カップルを脅迫し、その過程ですでに壊れていた彼らの関係に向き合っていくコメディドラマです。イ・ソムとアン・ジェホンは、夫婦の営みのない”レス夫婦“を演じ、様々な不倫カップルのストーリーがエピソード形式で展開される予定です。

タイトルLTNS(仮題)
ジャンルコメディー
エピソード6部作
制作会社Barunsonstudio
演出・脚本イム・デヒョン、チョン・ゴウン
出演イ・ソム、アン・ジェホン他
撮影期間2023年5月31日~
ストリーミングTVING
配信開始2023年下半期
年齢制限R18+(18歳以上の方がご覧いただけます)
「LTNS」基本情報

スポンサーリンク

「LTNS」出演キャスト

イ・ソム | ウジン役

ウジンは目標指向的で攻撃に見えるものの、実は気が弱い人物。3つ星ホテルのフロントでホテリエとして働いていましたが、偶然友人夫婦の秘密を知り、断れない提案を受けて悪く生きていくことを決心します。

イ・ソム プロフィール

名前:이솜 / イ・ソム / Esom
生年月日:1990年1月30日
出身:ソウル特別市 冠岳区
身体:172.7cm、A型
出演作:ドラマ「この恋は初めてだから」(2017年)、「模範タクシー」(2021年)、映画「チョン博士の退魔研究所:説経の秘密」(2023年)他

スポンサーリンク

アン・ジェホン | サミュエル役

サミュエルは大人しく見える外見とは違い、心の中では怒りが満ち溢れている人物。名門大学を卒業し、難なく大企業に入社したものの、心の病を持ったまま会社を辞めてタクシー運転手になりました。ウジンと一緒に不倫カップルを尾行することになり、心が徐々に変化していくことに…。

アン・ジェホン プロフィール

名前:안재홍 / アン・ジェホン / 安宰弘 / Ahn Jae Hong
生年月日:1986年3月31日
出身:釜山広域市 海雲台区
身体:178cm、O型
出演作:ドラマ「恋のスケッチ~応答せよ1988~」(2015年)、「青い海の伝説」(2016年)、「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」(2017年)、「マスクガール」(2023年)他

スポンサーリンク

アン・ジェホン×イ・ソム、実は3度目の再会

アン・ジェホンとイ・ソムの2人は、10月6日に釜山・海雲台区に位置する“映画の殿堂”野外ステージで開かれた第28回釜山国際映画祭「LTNS」オープントークショーに、チョン・ゴウン監督、イム・デヒョン監督と共に参加し、作品に関する多様なトークを交わしました。

アン・ジェホンとイ・ソムは、今回の作品を通じて、映画「小公女」(2017年)、映画「わくわくする胸を抱いて」(2020年)に続き3回目の再会を果たしました。

スポンサーリンク

深い信頼関係を築き上げたアン・ジェホンとイ・ソム

アン・ジェホンとイ・ソムは、上述した第28回釜山国際映画祭「LTNS」オープントークショーで、お互いに対する深い信頼感を語りました。

イ・ソムは「私たちは夫婦役として出演しますが、感情的な部分もスキンシップをする部分も沢山あります。相手役がアン・ジェホンさんなので気楽に、そして刺激を受けながら撮影しました」とコメント。

アン・ジェホンもまた「僕も同じです。今回の作品はミニマル(短編ドラマ)でありながら、実際にありそうな瞬間を上手に表現したいと思いました。どの作品も同じですが、今回は特にそう感じました。共感してもらえたら面白い作品になるだろうと思いましたが、イ・ソムさんと演技をしながらリアルのような瞬間を上手に表現できたような気がします」と伝えました。

また、イム・デヒョン監督は「アン・ジェホンはベテラン俳優でした。現場でたくさん感嘆しました。カメレオン俳優のようです」と語り、アン・ジェホンとイ・ソムが見せたドラマに対する情熱を称賛しながら、2人に向けた感謝の気持ちを表現しました。

スポンサーリンク

まとめ

新作ドラマ「LTNS」は、今のところ日本での配信は“未定”ですが、「マスクガール」での日本語の演技で注目度が急上昇したアン・ジェホンさんの出演作ですので、日本でも配信が決定すれば再び大きな話題になること間違いなしですよね。

日本での配信を含め、ドラマの詳細が明らかになり次第、随時こちらでもお知らせしていく予定です。

スポンサーリンク

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました