イ・ビョンホン「青龍映画賞」ダンスバトル発言から日本ツアー動画が再照明

イ・ビョンホン「青龍映画賞」でのダンスバトル発言から日本アリーナツアーのダンス動画が再照明韓国芸能

「青龍(チョンニョン)映画賞」でのイ・ビョンホンさんのユニークな発言が反響を呼んでいます。

2023年11月24日、ソウル・汝矣島KBSホールで「第44回 青龍映画賞授賞式」が開催され、この日ステージに上がったJ.Y. Park(パク・ジニョンさん)の祝賀公演がオンライン上で注目を集めており、さらにイ・ビョンホンさんの貴重なダンス姿まで話題が広がっているようです。

この日、一体どのようなことが起きたのか、そして、再照明されているイ・ビョンホンさんのダンス動画とは何なのか、ここでもう一度おさらいしてみます。

スポンサーリンク

①パク・ジニョンの祝賀ステージ

パク・ジニョン「青龍映画賞授賞式」祝賀公演(出典:KBS)

同日パク・ジニョンさんは、いつものように情熱に満ちた姿で華やかな公演を繰り広げました。

ステージの途中で「青龍映画賞授賞式」の司会を務めた女優のキム・ヘスさんと共にダンスを踊るなど、ユニークな見どころも満載。

パフォーマンスに力を入れた破格的なパク・ジニョンさんの姿に、思わず笑みがこぼれる俳優や、一緒にノリノリになる俳優開いた口が塞がらない俳優顔が引きつる俳優など、パク・ジニョンさんの公演を個々に楽しんでいる様子がうかがえました。

スポンサーリンク

②イ・ビョンホンの祝賀コメント

イ・ビョンホン「青龍映画賞授賞式」祝賀コメント(出典:KBS)

この日、各俳優の皆さんがパク・ジニョンさんの公演に対して言及。

その中でも、映画「コンクリート・ユートピア」で主演男優賞を受賞したイ・ビョンホンさんがステージに上がり、あるコメントを通じて黒歴史を打ち明けたのです。

イ・ビョンホンさんは「先ほどパク・ジニョンさんが出てきて突然思い出したしましたが」と話し始め、「人生で後悔する瞬間は人それぞれありますよね。本当に後悔した瞬間が、約10年前にありました。釜山映画祭で酒に酔ってパク・ジニョンさんに会い、ダンスバトルをした記憶があります」と伝えました。

さらに、「その日一緒にいたすべての俳優たちを依然として避けています」とし「後悔した瞬間を、パク・ジニョンさんがダンスを踊っていたので突然思い出しました」と明かし、会場を笑いの渦に巻き込みました。

スポンサーリンク

③パク・ジニョンとイ・ビョンホンの間に何が起きたの?

「イ・ビョンホンとパク・ジニョンがダンスバトルをしたその日」(出典:KBS)

上述したイ・ビョンホンさんのコメントから“酒に酔ったイ・ビョンホンさんが、パク・ジニョンさんとどのようなダンスバトルを行ったのか”と気になった方も多いと思いますが、イ・ビョンホンさんは、それ以上ダンスバトルについて多くのことは語りませんでした。

しかし、その後KBSが公式Youtubeで「イ・ビョンホンとパク・ジニョンがダンスバトルをしたその日」というタイトルの動画を公開し、ネットユーザーたちの妄想を映像化。

そこにはパク・ジニョンさんの祝賀ステージのオープニングから、イ・ビョンホンさんの祝賀コメント、そしてラフなスタイルでダンスを踊る過去のイ・ビョンホンさんの姿が編集されており、その様子がまるでダンスバトルをしているかのようで笑いを誘っています。

この動画を目にした韓国のネットユーザーからは

●今までやっていなかっただけで、著作権のある放送局が凝ったショート動画を作るほど強いものはない!
●KBSの公式がこの動画を編集したの?面白すぎる(笑)
●イ・ビョンホンさん、ブレイクダンスがすごく上手い
●イ・ビョンホンってダンスが上手かったんだね
●来年の祝賀公演はダンスバトルをしよう!
●イ・ビョンホンもパク・ジニョンも国宝級
●ビョンホンさん、本当に頑張って生きてこられたのですね
etc…

など多様な反応が見受けられました。

「青龍映画賞授賞式」は、汝矣島KBSホールで行われ、KBS、KBS2の放送局が生中継。

著作権を持つKBSが、おごそかな授賞式をもとに公式Youtubeを通じてユーモラスな編集動画を公開したことで、驚きつつも喜びながら楽しんでいるユーザーが多くいたようです。

スポンサーリンク

④イ・ビョンホン、日本アリーナツアーの伝説ダンス

“健歯ダンス”について語るイ・ビョンホン(出典:文明特急)

イ・ビョンホンさんの“ダンスバトル発言”から、KBSの公式がダンスバトルの編集動画をアップした中で、再び話題になっているのが、2007に日本で開催されたアリーナツアーのダンスステージ映像です。

このステージは“健歯ダンス”と呼ばれており、白く輝く健康な歯を見せて踊るイ・ビョンホンさんの姿がとても印象的。

イ・ビョンホンさんは「コンクリート・ユートピア」のプロモーションで、Youtubeチャンネル「文明特急」に出演した際、”健歯ダンス”について「歯茎が乾いて唇についているみたいだ」というネットユーザーの書き込みに対して「そうだったかもしれない」とコメント。

さらに「この時、演出の方に、ファンの皆さんはイ・ビョンホンさんの笑顔が好きなのに、笑顔が無かったらすごく怖く見えると言われました。私もこんなにロボットのようだとは思いませんでした。皆さんはこの動画を見ると面白いかもしれませんが、私は泣きそうになります。大変な時期でした」と当時を回想しました。

当時の動画は、イ・ビョンホンさん自身もインスタグラムに「驚くべき身のこなし」という文と共に掲載しており、「どうせ皆さんに見られてしまったのなら、クールなふりをしてアップしようと思ってそうしました」と語り、笑いを誘いました。

イ・ビョンホン日本アリーナツアーのダンス動画(出典:강에르메스)

スポンサーリンク

まとめ

2000年代前半、女優チェ・ジウさんと共演したドラマ「美しい日々」が日本でヒットしたことで、本格的に韓国を代表する韓流スターとなったイ・ビョンホンさん。

毎年さまざまな作品で活躍し、スクリーンやテレビ画面に映る姿からはクールで慎重なイメージが伝わってきますよね。

しかしその反面、社交的でユーモラスな性格なので、映画祭のコメントで会場を和ませたり、面白い動画が拡散されていく“ミーム”が作り出され、多くの人たちから末永く愛されている俳優として語られているのでしょうね。

スポンサーリンク

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました