カン・ハヌル「2~3回キスしました」チ・チャンウクとの縁を振り返る

チ・チャンウクとのキスシーンについて語ったカン・ハヌル韓国芸能

俳優カン・ハヌルが、最も多くキスシーンをした相手にチ・チャンウクの名前を挙げました。

9月30日「Diggle」のYoutubeチャンネルのコンテンツ「近所のスターK3」にカン・ハヌルとチョン・ソミンがゲストとして出演。

そこでカン・ハヌルは、チ・チャンウクとのキスシーンにまつわる秘話を公開しましたので、こちらで詳しく紹介します。

スポンサーリンク

同性とのキスが好きな(?)カン・ハヌル

カン・ハヌルとチョン・ソミンがゲストとして出演した「近所のスターK3」
近所のスターK3とは?

コンゴ出身のジョナサンがMCを務め、ゲストたちと漫才のようなトークショーを繰り広げるコンテンツです。番組のタイトルは「スーパースターK」から取ったそうです。

「近所のスターK3」でMCのジョナサンは、カン・ハヌルを“K-ポッポ(キス)おばけ”と言及し、ドラマ「ミセン」で共演したイム・シワン、ビョン・ヨハンなどの手にキスをした映像を公開しました。

これにカン・ハヌルは「キスは好きですが、僕は同性同士でします。誰にでもキスはしませんよ」と釈明。

さらに、ジョナサンは「自分のフィルモグラフィーにもキスしたい」と言ったカン・ハヌルの過去のインタビューを公開し、カン・ハヌルは「”この時、頑張ったね”という意味を込めて…」と、自身の出演作のポスターに映っている俳優たちの顔にキスをしました。

また、ジョナサンが、チ・チャンウクとキスしたことに言及すると、カン・ハヌルは「「スリル・ミー」というミュージカルの時、一つの公演の中でキスを2~3回しました。今まで一番多くキスをした相手がチャンウクさんです。デビュー以来、今まで。その時知りました。なぜ男性たちがヒゲを剃ってからキスをするのかと…。演技にたくさん役立ちました」と無邪気に語りました。

スポンサーリンク

チ・チャンウクと情熱的なキスをした「スリル・ミー」とは?

ミュージカル「スリル・ミー」ハイライト カン・ハヌル&チ・チャンウク

2010年、チ・チャンウクと共にミュージカル「スリル・ミー」に出演したカン・ハヌル。

作品の中で2人のキスシーンがありますが、自然な演技を見せるため、練習中にカン・ハヌルから先にキスをしたそうです。

ミュージカル「スリル・ミー」とは、1924年にシカゴで実際に起きた理由なき殺人事件 「レオポルドとローブ事件」を題材とした作品です。事件の当事者である“私”“彼”、その独白と対話のみで構成されている2人劇で、約2時間以上ずっと舞台の上で演じ続ける激情的ながらも強烈な舞台です。

この舞台でカン・ハヌルとチ・チャンウクは、一寸の狂いもなく完璧に演じ切り、観客たちを魅了しました。

スポンサーリンク

スキンシップはチ・チャンウクがリード

カン・ハヌルはミュージカル「スリル・ミー」の劇中、長年の友人であり恋人であるチ・チャンウクに向けた欲望のために、彼の事件を助け、破滅の道を歩む“私”を演じ、演技力と訴える力の濃い歌唱力、さらに秀麗なビジュアルでファンを引き寄せました。

当時、韓国メディア「📝OSENのインタビュー」で、カン・ハヌルは「チャンウクさんがよくリードしてくれます。感情シーンやアクションシーンがある時、お互い事前にたくさん話をします。君がこうしてくれたらどうだろう?とよく聞いてくださって、僕もそれについてたくさんコミュニケーションを取ったので、上手に演じることができたと思います」と語ったことがあります。

スポンサーリンク

また、舞台の上で2人は実際にスキンシップをし、これについてカン・ハヌルは「最初は同性愛なので、何がどう違うんだろう?と思ったりもしましたが、考えを変えてみたら同性愛も愛ですし男女関係と変わらないと思いました」とコメント。

さらに「舞台では本物のキスをします。小劇場なので、観客もすぐ目の前で見守っていますが、練習の時、果敢に試しましたので舞台の上でもそこまで難しくなく出来ました(笑)」とビハインドストーリーを伝えました。

一方、チ・チャンウクも、当時出演したバラエティー番組で「カン・ハヌルとのキスは濃いディープなキスでした。公演をしながら数え切れないほどキスをしました」と語ったことがあります。

スポンサーリンク

カン・ハヌルとチ・チャンウクの縁

カン・ハヌルとチ・チャンウクの縁は、ミュージカル「スリル・ミー」だけではありません。

実は、2018年、カン・ハヌルが軍入隊後、陸軍本部主催の創作ミュージカル「新興武官学校」で共に舞台に上がったことがあります。カン・ハヌルはパルド役、 チ・チャンウクはドンギュ役で出演し「スリル・ミー」以来、約8年ぶりの2人の再会に、ミュージカルファンは歓喜を上げたようです。

「新興武官学校」とは、大韓民国陸軍の根元となった「新興武官学校」を舞台に、激変する時代を生きた人々の人生を扱った作品で、1907年から1920年、日帝時代に国を取り戻すためにすべてを捧げた平凡な青年の物語が描かれています。

カン・ハヌルはこの作品を通じて軍服務中に「Yegreen Musical Award」で主演男優賞にノミネートされました。

Yegreen Musical Awardとは?

Yegreen Musical Award(예그린뮤지컬어워드)は、イェグリンミュージカルアワード組織委員会と中区文化財団忠武アートセンターが主催するミュージカル授賞式のことです。韓国ミュージカル産業の発展を図り、ミュージカル関係者の労苦を称えるための行事です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここではカン・ハヌルさんがチ・チャンウクさんと情熱的なキスをしたエピソードから、彼らの縁をまとめてみました。

“信じて見る俳優”というイメージを多くの人々の心に刻印し、ドラマ視聴者やミュージカルの観客たちから感嘆を誘う圧倒的な存在感を示してきたカン・ハヌルさんとチ・チャンウクさん。

いつかまた、お2人の貴重なツーショットが見られると良いですよね。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました