2023年12月に配信!絶対に見たほうがいい韓国ドラマラインナップ

2023年12月放送予定。絶対見たほうがいい、1話目からハマる韓国ドラマラインナップ集、まとめ記事のサムネイル韓国ドラマ

2023年12月、演技力に定評があり、信頼できる俳優たちの新作が続々と登場します。

ドラマのあらすじを読むと、1話目からハマる予感が漂う韓国ドラマが多々あり。

果たして、12月にはどのような作品が公開されるのでしょうか。

日本でも、ネットフリックス、アマゾンプライム、ディズニープラスなどのプラットホームで配信されるドラマもありますので、一つずつ見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

2023年12月1日:Netflix「Sweet Home 2」

タイトル스위트홈 2(韓国語)
Sweet Home 2(英語)
Sweet Home -俺と世界の絶望- 2(日本語)
原作NAVER ウェブトゥーン「Sweet Home」
出演ソン・ガン、イ・ジヌク、イ・シヨン他
日本配信Netflix
ドラマ概要

「Sweet Home」は、欲望が怪物になる世界で生き残るために死闘を繰り広げる“グリーンホーム”(アパート)の生存者たちのエピソード。2020年にシーズン1が公開された当時、Netflix TVショー部門で全世界3位を占め人気を集めたため、シーズン2の公開も期待が寄せられています。

【見どころ】
シーズン2は、人間の欲望と利己心によって、さらに多くの死傷者が発生することになります。怪物ではなく、人間によって命を落とす人々がさらに増え、“怪物より残酷な人間”“人間的な怪物”の対決により、人間らしさとは何かについて考えるべき作品になりそうです。

スポンサーリンク

2023年12月2日:Netflix「サムダルリへようこそ」

タイトル웰컴투 삼달리 (韓国語)
Welcome to Samdal-ri (英語)
サムダルリへようこそ (日本語)
エピソード16部作
出演チ・チャンウク、シン・ヘソン他
日本配信Netflix
ドラマ概要

「サムダルリへようこそ」は、済州島(チェジュド)漢拏山(ハルラサン)のふもとで貧しい環境の中でも立派に育った”サムダル(シン・ヘソン)”が全てを失ったあと故郷に戻り、その故郷を大切に守ってきた”ヨンピル(チ・チャンウク)”と逆境を乗り越えながら愛を再発見する清らかなロマンス物語。

【見どころ】
将来の夢を抱きソウルに向かったサムダルは、その後激しい人生を送ることに。心も体も疲れて傷だらけになったサムダルがヨンピルと出会い、慌ただしい世の中に流されず、楽しく笑いながら新しい人生に向かって立ち上がろうとする彼らの姿から、忙しくてもホッと一息をつく大切さを改めて知る作品になりそうです。

スポンサーリンク

2023年12月06日:Disney+「サウンドトラック #2」

タイトル사운드트랙 #2 (韓国語)
Soundtrack #2 (英語)
サウンドトラック #2 (日本語)
エピソード6部作
出演クム・セロク、ノ・サンヒョン、ソン・ジョンヒョク他
日本配信Disney+
ドラマ概要

6年間連れ添ったスホ(ノ・サンヒョン)とヒョンソ(クム・セロク)は、大学卒業後に疎遠になって分かれてしまった。その後、シンガーソングライターのケイ(ソン・ジョンヒョク)がスホと作業をすることになり、演奏者としてヒョンソと交渉する。3人の間には微妙な空気が流れ、紆余曲折の末、スホとヒョンソは恋愛を再開するが、彼らは再び愛を育むことができるのでしょうか。

【見どころ】
恋愛も仕事もなかなか上手くいかない現実主義者ヒョンソ。ある日突然自分の前に現れた元彼のスホと、ストレートに愛情表現をするケイの間で悩みに陥ります。自分の心の方向性について悩んでいる3人の男女。彼らが描き出すロマンスがどのようなストーリーで繰り広げられていくのか、その点が見どころです。

スポンサーリンク

2023年12月09日:RakutenViki「マエストラ」

タイトル마에스트라 (韓国語)
Maestra: Strings of Truth (英語)
マエストラ (日本語)
エピソード12部作
出演イ・ヨンエ、イ・ムセン、キム・ヨンジェ他
日本配信RakutenViki(予定)
ドラマ概要

秘密を持った女性指揮者が、オーケストラの中で繰り広げられるミステリーを暴きながら自分を取り巻く真実に迫る物語を描いたドラマ。

【見どころ】
女優イ・ヨンエさんが天才指揮者のチャ・セウム役を演じ、新しい変身を見せてくれます。「マエストラ」を通じてオーケストラの感動と戦慄を与えるチャ・セウムに、どのような現実が訪れるのでしょうか。黒髪・オールバックで凛とした雰囲気を放つイ・ヨンさんの姿に注目です。

マエストラとは?
マエストラ(maestra / イタリア語)は、女性指揮者や女性の師匠などに対する敬称です。男性はマエストロ(maestro)と呼びます。

スポンサーリンク

2023年12月15日:Amazon「もうすぐ死にます」

タイトル이재, 곧 죽습니다(韓国語)
Deaths Game (英語)
もうすぐ死にます (日本語)
エピソード8部作
原作NAVER ウェブトゥーン「もうすぐ死にます」
出演ソ・イングク、パク・ソダム他
日本配信Amazonプライムビデオ(予定)
ドラマ概要

「もうすぐ死にます」は、地獄に落ちる寸前のチェ・イジェ(ソ・イングク)が、死(パク・ソダム)が下した裁きによって12回の死と人生を経験する”人生乗り換え”ファンタジードラマ。

【見どころ】
ソ・イングクさんとパク・ソダムさんをはじめ、多様な個性を備えた俳優たちがシークレットキャストとして総出動します。特にチェ・イジェが体験する死のスケールが目を引く部分です。スカイダイビング、バイクの追撃、墜落する飛行機、刑務所、倉庫での格闘など、多彩に繰り広げられるアクションの数々。シークレットキャストが、チェ・イジェの人生の中でどのような姿で登場するのか期待です。

スポンサーリンク

2023年12月20日:Netflix「砂にも花が咲く」

タイトル모래에도 꽃이 핀다(韓国語)
砂にも花が咲く (日本語)
エピソード12部作
出演チャン・ドンユン、イ・ジュミョン他 
日本配信Netflix(予定)
ドラマ概要

「砂にも花が咲く」は、20年間シルム(格闘技)の神童だったキム・ベクドゥ(チャン・ドンユン)と、幼なじみで彼の初恋の相手オ・ユギョン(イ・ジュミョン)が再び出会って繰り広げられる青春ロマンス。

【見どころ】
シルムの選手として破格的な変身を遂げたチャン・ドンユンさんが、韓国で大きな話題となりました。ティーザーが公開され、ベールを脱ぐたびに期待感が高まる同作。シルムのスターと呼ばれていたものの、実際はこれといったタイトルが一つもなく、大したことのない選手になってしまったキム・ベクドゥ。引退の危機が迫った彼が、砂の上で再び花を咲かせることができるのかが見どころです。

スポンサーリンク

2023年12月22日:Netflix「京城クリーチャー」

タイトル경성크리처(韓国語)
Gyeongseong Creature (英語)
京城クリーチャー (日本語)
エピソード10部作
出演パク・ソジュン、ハン・ソヒ
スヒョン、キム・ヘスク
チョ・ハンチョル、ウィ・ハジュン他 
日本配信Netflix
ドラマ概要

「京城(キョンソン)クリーチャー」は、時代の闇が最も濃かった1945年の春、生き残りをかけて戦う実業家のチャン・テサン(パク・ソジュン)と、人捜しの専門家ユン・チェオク(ハン・ソヒ)が、人間の貪欲さが生み出した怪物に立ち向かっていくストーリー。

【見どころ】
パク・ソジュンさんは、京城最高質屋の主であり、お金、物、人の命まで必要な情報をすべて握っている情報通のチャン・テサン役を、ハン・ソヒさんは亡くなった人さえも捜し出すユン・チェオク役を演じます。特に女優のスヒョンさんは、日本の貴族“まえだ ゆきこ役”として着物を着て登場。日本統治下のソウルの様子が描かれるため、日本人にとってドラマ全体の展開が見どころになると思います。

クリーチャーとは?
クリーチャー(creature / 英語)は、創造されたもの、生命のある物、空想上の不思議な生物を意味します。また、怪物、化け物など“人や悪魔が創り出したもの”という意味もあり、物語の内容から後者の意味が強いでしょう。

スポンサーリンク

2023年12月30日:未定「私のハッピーエンド」

タイトル나의 해피엔드(韓国語)
私のハッピーエンド(日本語)
エピソード16部作
出演チャン・ナラ、ソン・ジュノ
ソ・イヒョン、イ・ギテク他 
日本配信未定
ドラマ概要

「私のハッピーエンド」は、成功だけを追っていたある女性が、信じていた人々の裏切りで衝撃的な真実に向き合うヒューマン心理スリラードラマ。

【見どころ】
演技派俳優たちの出演で期待感を高めているドラマで、誰かの幸せのために犠牲になり、不幸から始まるミステリースリラーを通じて、“真の幸せとは何か”についての問いを投げかけます。

11月26日現在、日本での配信は未定ですが、チャン・ナラさんは日本でも多くのファンがいる人気女優ですので、ぜひとも配信してもらいたい作品ですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは2023年12月に配信される韓国ドラマをまとめてみました。

アクション、ホラー、ロマンスなど多様なジャンルが楽しめる今年の冬。感性を豊にさせてくれるストーリーや、没入感を高める俳優たちの熱演によって、韓国ドラマファンの皆さんの耳目をより集中させてくれることでしょう。

スポンサーリンク

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました